男女

現状回復なら古くなった建物でも有効活用できる

建物の管理責任の範疇

エレベーター

安全に利用するための対策

エレベーターは日常的に使用する乗り物です。比較的安全な乗り物として危険性を感じることなく利用することが多いのですが、その裏には定期的に行われる点検作業がしっかりと行われている背景があります。建物のオーナーはその建物の保守点検の責任を負います。エレベーターもその対象であり、定期検査は年に一回、そして保守点検は一か月に一回は行わなければならない決まりになっています。最近では24時間監視体制を置くエレベーター遠隔管理システムを導入するケースも増えていますが、実物を確認して点検する行為が免除されるわけではありません。この定期点検は建築基準法に基づく法律上の検査であり、怠ると罰せられることもあるため、必ず行わなければなりません。

検査は法律上必須

保守点検の内容は、エレベーターの機械室の設備の点検や制御機器の検査、並びに証明などのスイッチの消耗品交換です。もちろん清掃作業もここには含まれており、室内の清掃だけでなく、周囲の清掃も念入りに行われます。エレベーターメンテナンス会社がこの作業を請け負うことが多くビルや建物のオーナーと契約しているケースも少なくありません。エレベーターの管理を怠ると重大な事故につながりやすくなります。事故が起こる確率は少ないのですが、一度事故が起きると大惨事になるケースも少なくありません。特に最近では高速で動くものなど機能性も向上しています。そのため検査を行う事は特に重要なのです。点検後は点検シールを貼るのが一般的です。

エレベーターのメンテナンスも重要ですが、建物から出て行く際には現状回復をする必要があります。現状回復とは入居する前の状況に戻すことであり、基本的に退出する前に行なう必要があります。建物を利用するのであれば、エレベーターのメンテンナスや現状回復などにも気を配るようにしましょう。

マンションの大規模な修繕

マンション

東京でマンションの大規模修繕を行う時には、実績や経験の豊富な業者に依頼して、修繕を行う事が望ましいです。特定の業者にこだわるとトラブルになる事が多いため、大規模修繕を行う時には、複数の業者から見積もりを取ると良いでしょう。

Read More..